自宅にいながら治療

医者と患者

不安もしっかり話せる

内科・外科などを含む総合内科なども展開する世田谷区の医療機関において、様々な疾患を抱える高齢者から訪問医療のサポート体制が人気を集めています。世田谷区でも高齢化は進んでおり、病院での長期間の入院では医療費の負担が問題視されていますが、例えば免疫が低い高齢者の場合には風邪などからの合併症に見舞われた際、訪問してくれることで早期治療ができ、自宅での静養が可能です。また、世田谷区でも地区によってはチーム医療が進んでいない開業医による在宅医療も期待されており、掛かりつけの診療所では毎回同じ医師が訪問してくれます。その結果、病気に対する不安も気軽に相談でき、些細な体調の変化も意思の疎通がしっかりできることで判断でき、介護する側からも評価されています。

診察がメイン

在宅介護は世田谷区でも問題視されており、寝たきりとなる身体状態である場合やケガなどによる移動が困難な場合に、在宅医療の存在が注目されています。主に内科などの診療所が携わっているのが特徴で、世田谷区においても病院はサポート役に徹している点に注意が必要で、計画的な訪問と臨時の医療サービスが展開されています。内科や外科の医療機関も多く、外来では治療レベルの水準も高めですが、在宅医療の分野では診察が主であるため、高度な治療は外科などがサポートします。現在、緊急時に対応の遅れが課題となり、在宅医療を展開する医療機関は全国的にも1万箇所程度と少ないのが現状ですが、介護ベースであることにより安心と安全性の高い治療や診察を提供してもらえます。