つらい肩こりをリンパマッサージで解消していく

つらい肩こりをリンパマッサージで解消していく

レディ

疲れは疲労物質が溜まるから

リンパ液の中の物質「アルブミン」は、疲労物質と結合しやすいので、リンパ管を疲労物質と一緒に通るので、疲労物質がリンパ管の中に溜まりにくくしてくれる性質があります。疲労物質とは、人が疲れを感じる原因となる物質のことです。その主なものは、古くなった活性酸素やタンパク質などの老廃物になります。

肩こり

肩こりになる原因

肩こりになる原因として、仕事などで長時間同じ姿勢でいることで、筋肉が硬直して血の巡りが悪くなります。そうなると酸素が巡りにくく、リンパの流れも滞ります。リンパの流れが悪くなるとアルプミンの通りも悪くなり、疲労物質が溜まってしまいます。そして人の頭部は4~5キロ近くもあります。それを支える首や肩には、想像以上に負担がかかっています。

足

リンパマッサージで疲労物質を排出

そこで、リンパマッサージによって悪くなった血行やリンパの流れを改善することができます。大阪や千葉でリンパマッサージを受けたいと考えている方にも、施術を受けることによって、肩こりや首のこりを改善することができます。リンパマッサージによってリンパを流し、流れがよくなることによって疲労を感じる疲労物質も一緒に排出されます。肩こりなどに悩む方にはおすすめです。

リンパ管とリンパ節の違いは?

リンパ管は、リンパ液が通る管

リンパ管とは、血管と同じように全身に張っている管のことで、その中をリンパ液が全身を巡っています。リンパ管は、筋肉の収縮によってより太い方へ流れます。リンパはリンパ節を通って心臓を経由、全身に流れていきます。

リンパ節は、リンパの濾過装置

リンパ節は、リンパ腺と呼ばれたりします。リンパ管が集まって、膨らんだ部位のことを指します。リンパ節は、体を循するリンパ液の濾過装置の役割をしており、病原体や異物が全身に巡るのを防ぐ役割をしています。

広告募集中