家族で利用できる医療機関

病院

病床数200前後の地域密着型の病院が多いことが、平野区の地域的な特色です。また子育て中の30代や40代の世帯が多いために、子供の医療へのニーズも強いです。今後も生活が便利な平野区内には子育て中の世帯の数が増えるので、内科や外科に加えて、小児科への需要が高まるでしょう。予約をしないで外来診療が受けられることに加えて、救急患者にも対応可能な病院へのニーズの増加も顕著です。今後は大人だけではなくて子供への対応も可能な、総合力のある医師を増やすことが大きな課題です。地域の病院が一丸となって、多様な治療が可能な医師を育成する姿勢も必要です。平野区に住む人から医師が高い評価を受けるために必要なことは、ホームドクターとしての地域への貢献です。

子供の診療にも十分に対応可能な内科医は、患者からの信頼も大きいです。とりわけ子育ての悩みを持つ保護者も多いために、育児相談や各種健康診断にも対応している病院が平野区内には多いです。仕事を持つ人が病気の治療を受けたいときには、夜間診療は非常に便利です。地域への貢献を重視する地域密着型の病院であれば、夜の7時まで診療を受けることができるでしょう。夜間診療を上手に活用することで、サラリーマンや自営業者も病気を早期に発見することが可能です。大人から子供まで病気を早期に発見して適切な治療を受けることが、幸せな家庭を実現するための基本です。地域医療連携室を設置している病院であれば、症状に合わせて最適な医療機関を紹介してくれるでしょう。