毎日溜まる疲れやストレスを癒すために

仕事や毎日の生活の中で、体の疲れやストレスはどうしても溜まってきます。そんなときにマッサージで疲れを回復しましょう。池袋や学芸大学の近くでも仕事の帰りのマッサージを利用できますし、自分で対処できるものあります。

グッズを使って自分で疲れを癒す

  • ホットアイマスク
  • 青竹踏み
  • 足湯器
  • ストレッチボール

ポイントを押さえて正しくマッサージ

自分で行えるマッサージですが、気になるところを押したり揉んだりするだけでは、痛めてしまう可能性もあるので気をつけなければいけません。ポイントをしっかり確認してから行いましょう。

自分でできる!疲労回復のためのマッサージ

リンパや血液の循環を促す

マッサージすることによって、血の巡りが良くなります。血行が良くなると体全体に血液が循環するので、疲労回復やリラックスしやすくなります。リンパの流れがよくなると老廃物も一緒に流れて疲労回復に繋がります。特にリンパ節が集まっている箇所をほぐせば効果的です。

マッサージ部分や体全体を温めてマッサージ

マッサージをする際に温めることで血管が広がり、血行が促進されます。また、筋肉もほぐれてきますので、手などでマッサージするときに揉みやすくなります。温めることにより二つの効果が生まれ、そこからマッサージの施術効果もアップします。

末端から体の中心へ向かってほぐしていく

基本的には、血液を心臓へと送るようなイメージでマッサージをします。体の末端、手先から腕、肩に上っていくようにマッサージをします。足の場合は、指先からふくらはぎ、膝裏へと揉んでいきます。

痛気持ちいいくらいの強さがベスト!

強く揉んだら効果的、ということではなく、適度な強さが必要です。押したときにちょっと痛いけど心地よく感じるくらいがベストです。あまり強いと、揉み返しが来たり筋肉を傷めたりしてしまいます。

横浜で鍼灸施術を受けよう

疲れた体を明日へ持ち越さないために、日頃できるマッサージ

女性

寝る前に体をほぐして質の良い睡眠をとる

疲れた体をちゃんと休ませて、翌日元気になるためにも質の良い睡眠をとることが大切です。入眠前の10分間にストレッチを行ってみましょう。軽く筋肉もほぐれてくるので、入眠しやすくなります。

プロの手による揉みほぐしでしっかりと解消

それでも自分の手だけで疲れをとるのがなかなか難しい場合には、プロ手によるマッサージの施術を受けてみるのも効果的です。指圧やストレッチ、揉みほぐしなどで凝りをほぐして血液やリンパの流れを促進します。またお店によってサービスが異なりますが、アロマオイルを使用するお店ですと、その香りからもリラックス効果が得られ、施術を受けながら癒しの時間を過ごすことができます。

生活習慣の中に癒しを取り入れていく

疲労を回復するには、ただマッサージをするのではなく、ポイントを知ることで効果も上げやすくなります。日頃から自分でもマッサージを行い、マッサージ店で施術してもらい日頃の疲れを癒していきましょう!

渋谷で整骨院を利用しよう

広告募集中