自宅にいながら治療

医者と患者

内科などを含む医療機関が展開される世田谷区では、在宅医療のサポートにも関与しています。病気の診断や治療内容、緊急時の対応などにおいて課題も挙げられていますが、自宅に訪問してくれる医療サービスは人気を集めています。

この記事の続きを読む

腸がはみ出してしまう病気

医者と看護師

鼠径ヘルニアとは鼠蹊部から腸がはみ出してしまう病気、いわゆる脱腸です。原因は腹部の筋肉の衰えや損傷です。治すためには手術が必要です。開腹手術が一般的ですが、腹腔鏡を使用する手術も増加しており、このまま増加すれば、患者にとって良い治療環境となります。

この記事の続きを読む

家族で利用できる医療機関

病院

子育て中の世帯が平野区には多いために、内科や外科以外にも小児診療にも対応した総合力のある病院が今後は必要です。夜間診療も行う医療機関であれば、仕事を持っている人も気軽に治療が受けられるでしょう。また地域医療連携室を活用することで、症状に合った医療機関を受診することが可能です。

この記事の続きを読む

骨やその周辺の組織の回復

悩む女性

毎日同じ姿勢で仕事をしている人はヘルニアを発症するリスクが高くなっています。体に異常を感じたらすぐに病院に行きましょう。

筋力を上げること

元の位置から飛び出した状態のことヘルニアと言い、主に首や腰などにある椎間板が押しつぶされて飛び出る状態を指します。ヘルニアになると、体のいたるところに痛みや痺れが起きるようになり、苦痛を感じることが多いです。腰であれば腰痛が起き、首であれば肩こりや頭痛が起きるようになります。また、ヘルニアは重度の場合には手術することもありますが、多くの場合は筋力を上げると改善が出来ると言われています。筋力を上げることで筋肉が鍛えられて、その骨や椎間板を筋肉が支えられるようになり、痛みや痺れが出なくなるとされています。体幹を鍛え、痛みを感じる部分を中心に筋肉を徐々に付けることが大事になります。

血流を改善すること

ヘルニアになると苦痛が出て、酷い場合には日常生活を送ることも困難になります。そんな時は整形外科や形成外科などを受診して、早めに治療を受ける必要があります。炎症が起きている時に出る痛みは、冷やして痛みを取るのが一般的ですが、慢性的な痛みの場合は温めて血行を良くすると改善が出来ます。もともと冷え性の人は、血行が悪く痛みが出やすいと考えられています。体が冷えないように注意しながら、血流の改善に努めていくことも症状の改善につながります。ヘルニアは長期的に痛みが出て慢性化すると、回復もその分遅くなるので、出来るだけ早い段階の軽度の状態で、しっかり病院でのリハビリを行っていきましょう。